筋トレの効果にシトルリンの摂取にはどんな関係があるの?

シトルリンの摂取には筋トレの筋肉増量効果あり?!

シトルリンと筋肉

勃起力などペニスとの関係で注目されがちなシトルリンですが、シトルリンの働きは筋トレによる筋肉増量にもつながります。筋トレに効果のあるシトルリンの働きをまとめました。

筋肉量のアップ

シトルリンの血管を拡張させる働きで血流が増えると、筋肉に流れる血流も多くなります。血流量が多いときに筋トレをするとその分筋肉にたくさんの負荷をかけられ、筋肉量のアップにつながります。

筋肉の回復

筋肉に負荷をたくさんかけると、その分筋肉は傷つきます。この傷ついた筋肉を回復させると次に同じ負荷がかかっても耐えられる筋肉に増強するのです。シトルリンの作用の一つでもある成長ホルモンが分泌されると、筋肉を早く回復することができます。

筋肉痛の軽減

筋トレで筋肉が傷つくと筋肉痛が起こります。シトルリンは血流をよくすることで、体の隅々の細胞まで栄養素を行き渡らせるので、疲労回復が促進されるだけでなく筋肉痛の原因である疲労物質が流されやすくなり、筋肉痛を軽減できるのです。

筋肉痛を軽減でき筋肉疲労が早く回復すると、次の筋トレまでのインターバルを短くできます。筋肉がしっかり回復した状態で筋トレをすればさらにそこから筋肉量をアップすることができるのです。

プロテインとシトルリンの関係

筋トレをしている人で、筋肉をつけるためにプロテインを摂取している人も多いと思います。 プロテインは日本語でタンパク質をあらわします。タンパク質は筋肉だけでなく骨や髪の毛、爪など人間のほとんどの部分を作る材料となります。新たに筋肉をつけるためにプロテインを摂取するのはこのためなのです。

しかし筋トレ時にプロテインをたくさん摂れば摂るほど筋肉がつくかというとそういうわけでもありません。

タンパク質は体の中に入って代謝されるときに、毒素であるアンモニアも発生させてしまうのです。アンモニアを分解するのは肝臓の働きなので、大量に摂取すると肝臓に大きな負担がかかります。シトルリンはこのアンモニアを無毒な尿素に分解して腎臓から尿として体外へ排出するデトックスの働きもします。筋肉の増強に力を入れるあまりプロテインを過剰摂取すると肝臓だけでなく腎臓にも負担をかけて、肝機能・腎機能が低下する可能性もあります。

プロテインや高タンパクな食品を日頃から摂取している人は、シトルリンも同時に摂取して肝臓や腎臓の働きをサポートするといいでしょう。

シトルリンは筋トレを始める2時間前に飲むと効果的

筋肉増強、筋肉痛の軽減、筋肉疲労の回復の働きをするシトルリンですが、シトルリンを筋肉に働きかけるには、筋トレ直前に摂取するのではなく筋トレの2時間前に飲むと効果的だといわれています。

シトルリンは摂取すると体内でアルギニンに変換されます。この変換過程で一酸化窒素が発生し血管が拡張し血流がよくなります。シトルリンを摂取して約2時間で血中のアルギニンに濃度が上がるという研究があります。シトルリンがアルギニンに変換されるときが筋トレで筋力アップするベストタイムです。筋トレの2時間前に飲むと効果的といわれるのはこうした理由からなのです。

そしてシトルリンには集中力ややる気をアップさせる効果もあるともいわれています。筋トレ時にやる気がでて集中力を高めて筋力アップといいことづくしのシトルリン。より効果的にするためには2時間前に飲むことをおすすめします。

筋トレにも効果を期待できるシトルリンサプリBEST3
総合評価第1位
バイタルアンサー 第一土地建物株式会社

有効成分アルギニンをクラチャイダムの35倍、マカの86倍である1,600mg配合。シトルリンも黄金比率3:1の割合で配合することで、相乗効果で勃起力を最大限に高めます。

総合評価第2位
DHC シトルリン 港コンサルティング

血流改善を促すNO「一酸化窒素」を生成するL-シトルリンをたっぷり配合しているため、男性の活力復活に効果があるだけでなく、高血圧や冷え性の改善にも効果あり。

総合評価第3位
NEWストロングミサイル Century21マーキュリー

勃起が弱くなった、中折れしてしまうといった悩みに、血流を改善して精力増強に役立つ話題沸騰の成分NOを産生させるシトルリン、その他数々のサポート成分を贅沢に配合。

このページの関連記事

ページのトップへ