動脈硬化と心筋梗塞の予防にシトルリンは効果あり?!

シトルリンって、動脈硬化と心筋梗塞の予防に効果ある?!

血管の老化とは

「血管年齢」という言葉がある通り、血管自体も老化します。見た目ではわからないのが血管の老化です。血管年齢が実年齢以上に高い人は偏った食生活やストレスの多い生活、喫煙や運動不足などの生活習慣が原因の一つとして血管に大きく影響しているといわれています。 では血管が老化しているとは具体的にどういう状態なのでしょうか。

血液は心臓から動脈に押し出されます。動脈は心臓から血液が押し出される衝撃が常にかかっている状態にあり、血管が柔らかいとこの衝撃を吸収することができます。そして血管の通りもスムーズであればたくさんの血液をからだじゅうに行き渡らせることができます。

血管の老化はこの反対の現象が起きているのです。血管が硬くなっているので心臓から押し出される血液の衝撃をまともに受けてしまいます。血管の内側には血球が接着して、血液の通り道が狭くなります。この状態を動脈硬化といいます。血管の老化は動脈硬化になり進行することなのです。

動脈硬化になると、血液を全身に行き渡らせるのに心臓に必要以上の負担がかかり高血圧になります。また血液が全身に行き渡らなくなることで臓器の機能が低下し、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすこともあります。さらに狭い血管に負担がかかり、血管が破れてくも膜下出血や脳出血になることもあるのです。 このように血管の老化は、命の危険を伴うほどの病気につながる動脈硬化になる状態なのです。

シトルリンが血管の老化を抑制

シトルリンには一酸化窒素を産生する働きがあり、この一酸化窒素が血管を強くしなやかに拡張して血流を改善します。この働きが血管の老化、いわゆる動脈硬化を防ぐことになるのです。また血球が血管壁に付着して厚くなるのを防ぐ作用もあります。血管の詰まりにつながる血栓を防止する役割もするのです。

こうした作用で血管の老化が抑制されると次のような効果があらわれます。

高血圧の防止

血管が拡張され太くなることで血液を押し出す心臓の負担は軽くすみ、血圧が上昇することを抑えられます。

心筋梗塞や脳梗塞の防止

血管がひろくなり、全身にはりめぐらされた血管に栄養の塊である血液が隅々までたくさん行き渡ります。臓器にしっかり血液が行き届き正常に機能することで心筋梗塞や脳梗塞などを防ぐことができます。

くも膜下出血や脳出血の防止

硬くもろくなっていた血管が、しなやかに強く拡張して破れにくくなります。血管が強くなることでくも膜下出血や脳出血などを防ぐことができます。

暴飲暴食、不規則な生活、喫煙、ストレスなど生活習慣に問題があると、シトルリンを摂取してもこうした効果をうまく発揮することができません。まずは生活習慣を見直してシトルリンを摂取し、血管の老化を予防していきましょう。

動脈硬化と心筋梗塞の予防にも!シトルリンサプリBEST3
総合評価第1位
バイタルアンサー 第一土地建物株式会社

有効成分アルギニンをクラチャイダムの35倍、マカの86倍である1,600mg配合。シトルリンも黄金比率3:1の割合で配合することで、相乗効果で勃起力を最大限に高めます。

総合評価第2位
DHC シトルリン 港コンサルティング

血流改善を促すNO「一酸化窒素」を生成するL-シトルリンをたっぷり配合しているため、男性の活力復活に効果があるだけでなく、高血圧や冷え性の改善にも効果あり。

総合評価第3位
NEWストロングミサイル Century21マーキュリー

勃起が弱くなった、中折れしてしまうといった悩みに、血流を改善して精力増強に役立つ話題沸騰の成分NOを産生させるシトルリン、その他数々のサポート成分を贅沢に配合。

このページの関連記事

ページのトップへ